過払いの請求が訴訟に至った時には

過払いの請求をすれば、業者側は和解に持ち込もうとしてきます。
その条件が良ければ和解をするのもよい方法ですが、もしも和解が成立しなかった場合には、最終的に訴訟になることもあります。

訴訟というと、面倒なことに巻き込まれたくない人なら敬遠するかもしれませんが、多かれ少なかれ取り戻すことはできます。
ですから、訴訟を恐れる必要はないでしょう。



そもそも、訴訟をするといっても、自分で法廷に言って何かをするわけではなくて、基本的には弁護士に依頼することになりますから、時間をとられるということはありません。

ただ、弁護士事務所によっては報酬が少し高くなってしまう可能性もありますから注意が必要です。もう一つリスクとして挙げておくとすれば、時間がかかることです。

杉山事務所の最新情報を紹介しています。

取引履歴をすべて開示してもらうことができれば、基本的には手続きをするだけのことですから、訴訟といってもそれほど時間はかかりませんが、業者側が以前の取引履歴を開示しないなどの場合には、訴訟が長引くこともあります。

Weblio辞書の相談ならココです。

たとえば、貸金業者が合併した時に、合併前の取引履歴を開示しないなどのことが行われることもあります。
こうなると、過払いの請求のために1年くらいかかってしまうこともあります。

ただ、業者側としても訴訟をしたくないと考えることも多く、過払いの請求のために訴訟を提起した段階で、こちらの条件をすべて受け入れて和解が成立するケースもあります。


総合的に考えれば、時間がかかってもよいのなら訴訟に対するリスクはないといってもよいでしょう。